薩摩黒にんにく卵黄

薩摩黒にんにく卵黄

薩摩黒にんにく卵黄

薩摩黒にんにく卵黄は、豊かな自然に囲まれた熊本県菊池郡旭志村でていねいに育てられたにんにくと、環境やエサにこだわって飼育された鶏の有精卵を使用した黒にんにく卵黄です。

旭志村は畜産が盛んで、いたるところで牛が飼育されている農場地帯。毎年ほたる祭が開かれていることでも有名で、ほたるが生息できるほど澄んだ水に恵まれています

薩摩黒にんにく卵黄の主原料となるにんにくは、そんな旭志村で丹精込めて育てられたこだわりの逸品。できるだけ農薬を使わない減農薬製法で栽培されているので、安全性も高いと評判です。

薩摩黒にんにく卵黄では、そんな良質なにんにくを時間をかけてじっくり熟成。真っ黒に仕上がった黒にんにくには、にんにくの持つ栄養分がぎっしり凝縮しています。

無添加・無加水で熟成された黒にんにく

薩摩黒にんにく卵黄の黒にんにくは、原料だけでなく、収穫した後の熟成・発酵過程にもこだわっています

収穫した白にんにくは、専用の熟成室にて、温度と湿度を徹底調節しながら熟成。

余計な添加物は一切加えず、また、無加水の状態で約1ヶ月もの間、じっくりと熟成されます

1ヶ月後にできあがった黒にんにくは、驚くほどに真っ黒。科学的な物質を使用せず、自然の力だけで仕上げているので、食べるとプルーンのような甘酸っぱさが漂います。

自然熟成法で時間をかけて熟成しているので、にんにくの栄養分を損なわないところが特徴。発酵・熟成の過程でポリフェノールやS-アリルシステインなどの有効成分が数倍に上昇し、優れた健康作用を発揮します。

濃厚な自然鶏卵をぜいたくに配合

にんにくと卵黄は昔から非常に相性が良いことで知られており、九州南部では家庭料理として親しまれてきました。

薩摩黒にんにく卵黄では、こだわりの黒にんにくに見合った卵黄として、豊かな環境で育てられた健康卵を採用

指でもつかめるほどしっかりとした濃厚な卵黄を炒り、上質な卵油に仕上げました。

卵黄の粋を集めた卵油を加えることで、黒にんにくの栄養価はさらにパワーアップ。さらに卵黄粉末をブレンドし、高級な黒にんにく卵黄を作り上げています。

薩摩黒にんにく卵黄の口コミ

 

(40代/男性) 

数年継続して飲んでいます。仕事柄、体力を使うので薩摩黒にんにく卵黄は欠かせません。栄養ドリンクを飲んでいた頃よりも経済的に楽だし、これからも続けます。

 
 

(40代/女性) 

もう何年もリピートしています。いろいろ効果は出ましたが、一番わかりやすかったのは肩こりの解消です。これからもずっと飲み続けていきたいサプリです。

 
薩摩黒にんにく卵黄 ⇒薩摩黒にんにく卵黄の公式サイト