にんにく三四郎

にんにく三四郎

にんにく三四郎

にんにく三四郎は、三重県で生まれた『発酵黒蒸しにんにく』を採用した元祖にんにく製品です。

昔から滋養強壮に良いとして多くの方に愛用されてきたにんにく。発酵黒蒸しにんにくとは、そんなにんにくを独自の製法で発酵・熟成させた真っ黒なにんにくのことです。

にんにくは発酵・熟成させると気になるにおいが軽減するほか、抗酸化作用を持つポリフェノールの含有量が高くなることが確認されており、まさに理想の健康食として高く評価されています。

にんにく三四郎では、伝統製法に則り、長時間熟成させることで品質の高い黒蒸しにんにくを製造。味もおいしい黒にんにくが、毎日の健康をしっかり応援してくれます。

300時間蒸し上げたこだわりの黒蒸しにんにく

にんにく三四郎で使用している黒にんにくは、乳酸菌を添加して発酵・熟成させたこだわりの黒蒸しにんにくです

良質なにんにくを釜に入れ、低温で300時間以上かけてじっくり蒸し焼きにするので、熟成度は抜群。

できあがった真っ黒なにんにくには、生にんにくの約5倍にあたるポリフェノールが含まれているほか、S-アリルシステインの含有量も約3倍に増量しています。

水溶性イオウ化合物であるS-アリルシステインには強力な抗酸化作用があり、ガンや高血圧のほか、アルツハイマーや動脈硬化、心疾患などを予防する作用があり、健康への有用性が科学的に確認されています

においを気にせず、いろいろ楽しめる

にんにく三四郎の発酵黒蒸しにんにくは、蒸し焼きの際、備長炭を使用しています。

備長炭は無数の穴を持つ多孔質を持ち合わせており、穴の中に住む微生物が不純物を分解してくれることから、非常に優れた消臭効果を持つことで知られています

にんにく三四郎では、備長炭の中でも特に優れた消臭効果を持つ紀州備長炭を使用。にんにくの持つにおいを軽減し、食べやすい状態に仕上げました。

そのまま食べるのはもちろん、いろいろな料理に使えるので、楽しみ方も多彩。毎日食べても飽きない続けられるにんにく製品となっています。

にんにく三四郎の口コミ

 

(40歳/女性) 

全くにおいがないわけではありませんが、食べてみるとにんにく特有の辛さがなく、甘くてドライフルーツのような味がしました。においも自分では気にならず、念のため、友人に聞いてみたところ「聞かれるまでわからなかった」とのことでした。食べ始めた頃よりずいぶん血行も良くなりました。

 
 

(30代/女性) 

まずはそのまま食べてみましたが、本当にプルーンのような味で驚きました。おやつとしてつまみたくなる感じです。試しに他の具と一緒にオムレツにも入れてみたところ、黒にんにくの特徴が消されてしまい、他の食材の邪魔にもなりませんでした。料理にもおやつ代わりにも使えるところがいいですね。

 
にんにく三四郎 ⇒にんにく三四郎の公式サイト