熟成にんにく卵黄(やわた)

熟成にんにく卵黄(やわた)

熟成にんにく卵黄(やわた)

熟成にんにく卵黄(やわた)は、国産にんにくを熟練の職人がひとつずつ丹精込めて熟成した黒にんにく卵黄です。

熟成にんにく卵黄の主原料は真っ白な実がぎっしりつまった青森産『福地ホワイト六片種』。豊かな自然で育った白にんにくには、そのままでも栄養分がぎっしりつまっていますが、さらに熟成という一手間をかけることでその健康作用は飛躍的にアップします。

そこで熟成にんにく卵黄では、厳選した福地ホワイト六片種を、職人の手で30日間にわたった熟成。まるで炭のように真っ黒になったにんにくには、白にんにくを大きく上回る健康パワーが凝縮しています。

さらに、熊本産の有精卵を加えることで、卵の持つ栄養価とにんにくとの相乗効果をプラス。日頃の疲れが抜けない方の強い味方としてサポートしてくれます。

白にんにくの数倍! 熟成にんにくのチカラ

にんにくの匂い成分でもある『アリシン』は、健康・美容の両面に優れた作用を持つイオウ化合物

優れた抗菌・殺菌力により、健康成分として広く知られていますが、近年の研究により、熟成によってさらなる効果を発揮することが明らかとなりました。

熟成にんにく卵黄では、国産にんにくの中でも特に品質の高い『福地ホワイト六片種』を、職人自らが季節、天候、気温、湿度に注意しながら、ひとつずつ丹念に熟成

30日間という長期間の熟成により、アリシンを強力な抗酸化作用を持つ『S-アリルシステイン』に変化させることに成功しました。

さらに、熟成の過程で、にんにくに含まれる有効成分含有量がさらに増幅。健康な体作りに欠かせないアミノ酸は白にんにくの約1.28倍。ポリフェノールのひとつであるタンニンに至っては、なんと約5倍もの増量を実現しています。

熊本産平飼い有精卵で栄養価アップ

卵黄には体で合成生産できない必須アミノ酸をはじめ、各種ビタミンが豊富に含まれていることから、単体でも栄養価の高い食材として知られています。

ただ、卵黄にはメタボリックの原因にもなる『中性脂肪』が含まれていることから、コレステロール値を気にする方からは何かと敬遠されがちでした。

しかし、卵黄とにんにくを同時に摂取すると、にんにくのアリシンと卵黄の中性脂肪が結合して『脂質アリシン』となり、悪玉コレステロールの分解を促すレシチンの働きをサポートすることが明らかとなったのです。

熟成にんにく卵黄では、にんにくと非常に相性が良い卵黄を配合するにあたり、原料となる鶏卵を徹底厳選

獣医が常駐する安全な養鶏場にて、のびのびとした環境で育てられている平飼い鶏の有精卵のみを使用することで、にんにく卵黄としての質を最大限に高めています。

熟成にんにく卵黄の口コミ

 

(30代/男性) 

にんにくの匂いはまったく気になりません。それだけでなく、飲み続けていると元気が出て、疲れが取れてきます。

 
 

(50代/女性) 

体の不調を訴えて通院しましたが、原因がはっきりせず、悩んでいました。友人に相談したら、熟成にんにく卵黄を毎日飲んでいるとのことで、私も早速購入。飲み続けていたら、謎の体調不良も改善され、とても助かりました。今でも熟成にんにく卵黄は健康維持に欠かせない商品です。

 
熟成にんにく卵黄(やわた) ⇒熟成にんにく卵黄の公式サイト